HOME>トピックス>具体的にどういった事項について強みを持つのか

何を主にしてくれるのかを知ろう

握手

少年事件というデリケートな事案に出くわしてしまったときに頼りになるのが、こうした問題に強い弁護士になります。少年事件において弁護士ができることは、家裁に送致されるまでの被害者との示談交渉や勾留の阻止、家裁に送致されたあとの付添人などの業務です。これは事件を起こしてしまった少年少女はもちろん、周りの人の将来にとっても非常に重要なので、必ずこの問題に強い弁護士を見つけることが大事になります。

よい所を見極めるためにはどうする

では、少年事件に強い弁護士を見極めるためにはどうすればよいのでしょうか。まずは、インターネットで少年事件・弁護士というワードで検索して、それらのホームページを見比べることから始めましょう。今までどのような少年事件を担当してきたか、少年事件が起こってしまったときの初動はどうするかなどを詳しく書いてくれている所を優先して候補を絞っていきましょう。

最大のメリットの一つは何か

これまで少年事件に強い弁護士について書いてきましたが、何故そうした弁護士に依頼しなければならないのでしょうか。その最大のメリットの一つが、刑事裁判になってしまうことを防ぎ少年審判で済ませる可能性が高くなるという点にあります。少年審判で済むのと刑事裁判まで進んでしまうのでは、本人・周りの人へのダメージが大きく違ってきます。それを左右するのが、家裁に行くまでの本人と弁護士との相談で、それが無いと本人が上手く言いたいことを伝えることが難しくなります。

広告募集中